東山田クリニック

MENU

内科・老年内科

内科/ Internal medicine

一般内科

腹痛、咳、発熱、頭痛、インフルエンザ、肺炎、糖尿病、生活習慣関連病(高血圧、脂質異常症、肥満等)、貧血、喘息、肺気腫、不整脈、動脈硬化など内科一般の診察を行います。

高血圧

血圧が高い状態が続く事で血管の壁に圧力が掛り、その結果、血管を傷めて次第に血管が硬くなり動脈硬化へとつながります。
高血圧の原因は特定されていませんが、遺伝的要因と食生活(塩分の高い食事)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、または運動不足や精神的なストレスなどの環境的要因が重なって引き起こされると考えられています。

脂質異常症

健康診断イメージ

血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多い為に引き起こされる疾患です。これらの余分な脂質は、動脈の壁にくっついて血管を硬く狭くしていずれ動脈硬化を引き起こします。
コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、善玉コレステロールは細胞内や血管内の余分な脂質を肝臓に戻す働きがある為、悪玉コレステロールを減らすことに役立っています。 高脂血症の主な原因は食生活(カロリー過多)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、運動不足が考えられます。

糖尿病

血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高くなる病気です。人体は、たくさんの細胞から成り立っていますが、この細胞が働く為のエネルギー源がブドウ糖です。
膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが、血液中のブドウ糖を細胞の中に取り入れる役割を果たしていますが、このインスリンの量が不足したり、働きが悪くなったりすると、ブドウ糖が細胞内に取り込まれなくなり、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高くなってしまうのです。
血糖が高いということは、体の細胞にエネルギーであるブドウ糖が十分に補給されず、そのため全身の細胞の働きが悪くなります。のどが渇く、尿が多い、傷が治りにくい、感染症にかかりやすい、疲れやすい、集中できないなどの症状が表れます。
また、重度の場合には昏睡状態(糖尿病性アシドーシス)に陥り生命に危険が及ぶ事もあります。1型糖尿病は自己免疫やウイルス感染などが原因と推測されていますが、膵臓のインスリンを分泌する細胞が破壊されることにより糖尿病を発症します。2型糖尿病は、加齢と遺伝的要因と食生活や嗜好(飲酒)過多、または運動不足や精神的なストレスなどの環境的要因が重なり発症します。

生活習慣病外来/ Lifestyle disease

生活習慣病は、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣がその発症・進行に関与する疾患群」のことです。代表的な疾患には肥満(メタボリック症候群)、糖尿病、脂質異常症、高血圧症、高尿酸血症、動脈硬化症、慢性腎臓病、骨粗鬆症、慢性気管支炎、肺気腫(COPD)、アルコール性肝疾患があります。当院では生活習慣、食事、運動の指導を行い、適切な治療計画のもとで診療を行います。治療抵抗性高血圧でお悩みの方もご相談ください。

老年内科/ Geriatric medicine

老人イメージ

高齢者には認知症や栄養障害、寝たきり予備群(ロコモティブシンドローム)など特有の病態があります。積極的に介護サービスを活用して家族の負担を軽減し、可能な限り自宅で自立生活を送れるように支援いたします。通院が困難になりましたら訪問診療で対応いたします。
また終末期医療も行っておりますのでご相談ください。

© Higashi Yamata Clinic